カードローンは適度な利用範囲で

カードローンの良い所は、いつでも簡単に借入れができる点にあります。限度額の範囲内であれば、使い道自由に借入れができます。ちょっとお金が必要だなと思ったらすぐに引き出せるのは便利ですが使い過ぎには注意が必要です。

 

頻繁に借入れを繰り返していれば、借入額はどんどん膨らんでいきます。気が付いたら200万円も300万円も借入れしていたなんて結果になれば、毎月の返済額も3万円、4万円と増えていきます。カードローンを利用する時には、使い過ぎに注意が必要です。

 

返済自体はそれ程心配ない

カードローンを利用する時には、計画的な借入れをとよく言われます。例えばカードローンで10万円借りたとしても、毎月の返済額はそれ程高くはありません。2,000円~5,000円程度の返済で運用が可能です。返済を続けていって借入残高が減って来れば、また追加で借入れが可能になります。

 

返済がほとんど進んでない内から借入れを繰り返していけば、借入残高も増えていってしまいます。その為、借入は慎重に行わなければならないと言われています。

 

ただし、無計画に利用したからと言って、実際には返済が出来なくなるほど追い込まれる状況には中々なりません。カードローンをこれから検討している人は特に、カードローンの安全性について理解しておいた方が安心して契約ができるでしょう。

 

実際にカードローンを契約する時には、借入限度額が決められています。カードローンは何度でも繰返し借入れが可能です。ただし、限度額を超えての借入はできません。

 

 

限度額と返済額の関係

例えば限度額30万円のカードならば、借入残高は最高でも30万円までにしかなりません。消費者金融アイフルを例にとると、30万円借りた場合の毎月の返済額の目安は11,000円です。安い返済額とは言えないかもしれませんが、破産するような返済額とも言えないでしょう。

 

しかもこれは限度額いっぱいまで借りた場合の返済額なので、適度な利用であれば返済額も低くなります。

 

もちろん限度額の高いカードであれば、さらに返済額が膨れ上がる可能性もあります。しかし、カードローン契約時には審査があります。返済に無理があるような借入れは、審査の時点で断られます。

 

各々の収入に見合った限度額が設定されるはずなので、多額の返済に追われて首が回らなくなるような事態には、なりにくいようにできています。

 

もし返済で困った場合でも相談ができる大手のカードローンサービスなら安心で、店舗で色々なことが聞けるプロミス名古屋で利用をするなどを考えると安心もできます。

 

借入残高と利息の関係

カードローンには限度額が定められているので、無計画に借入れをしたとしても、返済額が大きく膨れ上がるわけではありません。ただしこれは、無計画に借入れをしても問題ないという話ではありません。むしろ、カードローンを利用する時には借入残高に注意しないと損をする可能性があります。

 

カードローンで借りたお金は、元金だけを返せばいいわけではありません。借りたお金には利息が発生するので、利息の分も上乗せで返済が必要になります。カードローンの利息は、借入残高に対して日割りで算出されます。金利18.0%で10万円借りた場合、30日でかかる利息は1,479円です。仮に1万円返済したとしても、利息分を差し引いた8,521円しか借入残高は減りません。

 

ただし、次の30日後にまた返済をした場合、借入残高の91,479円に対して利息が発生します。かかる利息は1,479円ではなく、1,353円に減ります。順調に返済をしていけば、かかる利息も順調に減っていくのです。

 

再度借入れをすれば、借入残高がその分増えます。借入残高が増える分かかる利息がまた増えてしまいます。借入れと返済を繰り返している場合、常に借入残高が減らないので、ずっと利息がかかっている状態になります。

 

返済ができなくなるという理由ではなく、払う利息を抑えて損をしないように利用するために、頻繁な借入れを抑えるのが賢い使い方です。

 

何度も借りてしまって返済の負担が大きくなってしまった場合には、低金利のカードローンへ借り換えるのも効果的な方法です。借り換え先は人気のオリックス銀行カードローンが優れており、来店不要で契約が行える銀行カードローンとして注目を集めています。